【乳児性湿疹】ベビーソープの選び方とおすすめの商品

【乳児性湿疹】ベビーソープの選び方とおすすめの商品

お風呂の必須アイテム「ベビーソープ」についてです。種類が多くて選べない!何を基準に選んだらいいの?とお悩みの方は必見です!「乳児性湿疹」を経験したうちの息子が使っていたおすすめのベビーソープと、選び方の3つのポイントをご紹介します。

ベビーソープの選び方

ベビーソープの選び方 ベビーソープの選び方と3つのポイントをご紹介します。
  1. 泡タイプが便利
  2. 沐浴剤でないものを選ぶ
  3. 無添加・低刺激のものを選ぶ

泡タイプが便利

泡タイプが便利

ベビーソープには「泡・液体・固形石鹸・沐浴剤」の4種類があります。

その中でも泡立る必要がない、「泡タイプ」と「沐浴剤タイプ」が便利です。

赤ちゃんをお風呂に入れる際には、ベビーバスを使用するのですが、片手で赤ちゃんの頭を持って支えるので、正直泡を立てている余裕などありません。

なのでわが家ではずっとこの「泡タイプ」のものを使っています。

沐浴剤はあまりおすすめしない

沐浴剤はあまりおすすめしない

沐浴剤とは水をはったベビーバスに直接溶かして入れて使うものです。

石鹸が体に残っても大丈夫な成分が配合されているため、洗い流さなくていいというものです。しかし便利な沐浴剤も1つ欠点があります。

洗浄力が弱く毛穴が詰まってしまうことがあるため、肌トラブルを引き起こす可能性があるということです。

実はうちでは出産準備として、こちらの沐浴剤タイプのものを購入していたのですが、慌てて石鹸タイプのベビーソープを買いなおしました。

助産師さんによると沐浴剤は週に1・2回使う分なら問題ないが、毎日使うのはおすすめしないということです。

無添加・低刺激のものを選ぶ

無添加・低刺激のものを選ぶ

ベビーソープを選ぶのにとても大事なポイントです。

肌の弱い赤ちゃんには「汚れを落とすための最低限の洗浄力」と「添加物などの余計なものが入っていない」ということが、選ぶ上でとても重要なポイントになっています。

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、本当にあっという間に肌トラブルを起こしてしまいます。

実は最初に購入したベビーソープはよく調べずに購入して使ってしまい、退院3日後から口元に赤いニキビのようなブツブツができてしまって、あっというまに広がっていきました。

そのブツブツが胸元にまで広がってしまい、1ヵ月検診の時に「乳児性湿疹」と診断され、ステロイドを処方されて塗りまいました。

その後、ステロイドとベビーローションで「保湿」することで乳児性湿疹は落ち着きましたが、赤く痛々しい顔を見て、もう少し気を使ってあげればよかったと後悔しました。

【乳児性湿疹】保湿が大事!赤ちゃんの肌を守るアロベビー ミルローション

2017.06.02

乳児性湿疹におすすめ!「ドルチボーレベビーソープ」

乳児性湿疹におすすめのベビーソープ

子どもが「乳児性湿疹」と診断されて購入したベビーソープが「ドルチボーレベビーソープ」です。

商品名 ドルチボ-レ無添加ベビーソープ
公式サイト http://www.dolcibolle.com
単品 3,456円(税込)
3本セット 9,642円(税込)

ドルチボーレベビーソープは、これ1本で頭から体まで洗える便利な「泡タイプ」で 安心安全の「無香料・無着色・鉱物油無添加・アルコール/エタノール・パラベン・旧表示指定成分・石油系界面活性剤無添加・ノンシリコーン」です!

洗い上がりはつっぱることなく、風呂あがりに肌が乾燥するという感じもありません。

そしてうちの息子はこれを使ってからステロイドで一度治った「乳児性湿疹」が再発することもありませんでした。

成分も使用感も、本当に赤ちゃんの肌に合うように考えられたベビーソープという感じで、とてもおすすめです!

【まとめ】ベビーソープの選び方

ベビーソープの選び方

ベビーソープの選び方として「泡タイプのものを選ぶ」「沐浴剤はおすすめしない」「無添加・低刺激のものを選ぶ」という3つのポイントをご紹介しましたが、特に「無添加・低刺激」のものを選ぶのはとても重要です!!

赤ちゃんの肌は本当に敏感で、あせもやオムツかぶれや乾燥などで、すぐに赤くなったり湿疹ができたりします。

うちの子ようにステロイドなどの強い薬を使うことになる前に、特に月齢が低いうちは少しでも刺激の少なく、汚れをしっかり落とせるものを選んで、子どもの肌は親が守ってあげましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【乳児性湿疹】保湿が大事!赤ちゃんの肌を守るアロベビー ミルローション

2017.06.02