妊娠中の便秘解消法&効果があった3つの食べ物

妊娠線ができやすい場所は

今回は妊娠や出産を経験した多くの人が悩む「便秘」についてです。妊婦さんや授乳中の人は飲めない薬があったり、便秘は一度なってしまうと繰り返すことも多いので本当に大変ですよね。

私が経験した腰痛に続く第2のマイナートラブルは、頑固な「便秘」でした。

今回は「妊娠中の便秘解消対処法とおすすめの食べ物」をご紹介します。

妊娠中の下痢と便秘の原因は?

妊娠中の下痢と便秘の原因

なぜ妊婦さんは下痢や便秘を引き起こしてしまうのでしょうか。

それは「自律神経の乱れや、つわりによる食事の変化、妊娠によるホルモンバランスの変化」だと言われています。

私は妊娠中につらい下痢や便秘を経験し、流産しないか不安に思っていました。

妊婦検診時に先生に相談したところ、「妊娠中の胃腸トラブルは珍しいことではなく、流産の心配はないので大丈夫ですよ」と言ってくれて安心しました。

【実体験】つわりと共に頑固な便秘に襲われる

【実体験】つわりと共に頑固な便秘に襲われる

妊娠8週目になると、下痢が落ち着き便秘に悩むようになりました。

トイレでお腹に力を入れるとき、腹の子に影響しないか心配でしたが、お医者さんによると、ふんばるのは問題がないそうです。この便秘は産後2ヶ月まで続きます。

妊娠中に実践した便秘解消法3選!

  1. 病院から便秘薬を処方してもらう
  2. 積極的に水分をとるようにした
  3. 便秘に効くと食べものを食べた

①病院から便秘薬を処方してもらう

病院から便秘薬を処方してもらう

私の場合「マグミット(酸化マグネシウム)」という便秘薬を処方されました。

妊娠中に服用してはいけない薬もありますが、酸化マグネシウムは妊婦が服用しても安全とされている薬です。(効果も弱めなので錠数で調整します)

便秘の程度により、薬や服用量や回数が変わってくるので、必ず医師に相談して処方してもらい、正しい用法・用量を守りましょう。

私は、服用を始めて2日ほどで便が柔らかくなり、少し楽になりました。

②つわりで脱水気味に?水分が大事

つわりで脱水気味に?水分が大事

妊娠8週目を過ぎた頃から、つわりがひどくなり水分を摂るのを控えていました。その結果、体の中の水分量が減って便秘になってしまいました。

マタニティブレンド

妊娠中の便秘&水分補給は「AMOMAマタニティブレンド」がおすすめです!

「これを飲んで便秘が解消した!」という高評価の口コミが多く、約90%のママ達がその効果を実感しています。さらに妊娠中に必要な「鉄分・葉酸・ビタミン」が豊富に含まれています。

つわりの時でも飲みやすい「さっぱりした味わい」なのも嬉しいですね。

AMOMAマタニティブレンド」は送料無料1899円から始めることができます。

便秘解消におすすめな3つの食べ物!

便秘解消におすすめな3つの食べ物

薬に頼らない便秘解消法は「食事」です。

私が妊娠中に便秘で悩んだときに、つわりのときでも食べられて、お通じがよくなった食べ物はこちらです。

  1. ケフィアヨーグルト
  2. オリゴ糖
  3. アサイー

手作りケフィアで便秘解消!

手作りケフィアで便秘解消

ケフィアヨーグルト」とはヨーグルトよりも乳酸菌の種類が多く、ヨーグルトにはない「酵母」が入っています。

私とケフィアヨーグルトとの出会いは、妊娠前から通っている料理教室で試食をしたことです。その日のうちに購入しましたが、1人暮らしでなかなか食べきる事ができなかったため、いつのまにか作らなくなりました。

そして妊娠して便秘に悩んだ時に、このケフィアヨーグルトの存在を思い出したのです。

ケフィアヨーグルト」にはこのような効果があると言われています。

  • 腸内環境を整えて便通改善
  • ヨーグルトよりもカルシウムの吸収がよい
  • メラニンの吸収を抑制し美白効果
  • ビタミン・ミネラルなどの栄養素が豊富

女性にとって嬉しい効果がたくさんですね!ちなみに「ケフィアヨーグルト」はカルシウムの吸収や栄養価が高いため、1歳の息子にも毎朝食べさせています。

毎日食べても飽きないように、レンジで加熱ししたイチゴやブルーベリーと混ぜると、勢いよく食べてくれます。

つわりのときでも摂りやすいオリゴ糖

つわりのときでも摂りやすいオリゴ糖

ケフィアヨーグルト関連で調べたところ、「オリゴ糖」も便通改善によいということで、ケフィアヨーグルトに混ぜて食べています。

オリゴ糖もケフィアヨーグルトと同様、腸内細菌を整える効果があり、もちろん妊娠中の方でも安心して食べられる食材です。

甘くて食べやすいので、つわりのときでも食べられてとても助かりました。

オリゴ糖は無着色・無香料で、オリゴ糖の原料のみが使用されている「はぐくみオリゴ」がおすすめです。

便秘以外の効果も!女性の味方アサイー

便秘以外の効果も!女性の味方アサイー

アサイー」との出会いは妊娠中に行ったハワイ旅行です。

日本でも流行りましたが、ハワイで初めてアサイーボウルを食べました。

普通サイズを注文したのですが、さすがアメリカです。旦那と2人で食べましたが結構な量でした。

そして翌朝。妊娠してからあれほど便秘で悩んでいたのに、ドサッと出たのです。海外で食中毒を起こすと大変なので(特に妊婦)不安になって旦那に相談すると、旦那も同じことを言っていました。

そして「アサイー」についてネットで調べると、アサイーは食物繊維が豊富で便秘にいい食べ物だったのです。

アサイーの知られざる効果

  • 食物繊維が豊富で便通改善
  • ポリフェノールが豊富で抗酸化作用がありシミやシワ・疲労によい
  • ビタミンC・ビタミンBが豊富で肌荒れ・にきび予防・美白効果
  • 鉄分が豊富で、貧血対策
  • 妊娠中に必須な栄養素「葉酸」が豊富

アサイー」は妊娠中に必要な栄養素を豊富に含んでいることがわかりました。

ただ過剰摂取には注意しなければなりません。

アサイーのデメリット

調べてわかったのですが、「アサイー」の過剰摂取は下痢を引き起こすので、1日200ml・200g以上は摂取しないほうがいいそうです。

特に妊婦さんは子宮を刺激し、陣痛を早めてしまう場合があるとのこと。

ハワイでは、結構な量の「アサイー」を食べてしまったので何も起こらなくて本当によかったです。

毎日200ml・200g以下であれば全く問題なく、むしろ栄養素が豊富なので、日本に帰国してから摂取量を守って食べていました

3つの食材を意識して摂った結果

3つの食材を意識して摂った結果

病院から処方された薬を飲んでもなかなか改善されなかった便秘が、この3つの食べ物を食べるようにしてから、かなり改善しました。

そして嬉しかったのが、どの食材もつわりの時期でも食べやすいものだったということです。おいしくて嬉しい効果がたくさんあり、どれもネットで手軽に購入できるものなので、妊婦さんだけでなく便秘にお悩みの方はぜひ一度お試しください。

最後に。産後の便秘事情

出産後は腸が圧迫されているからどうしても便秘になりやすいけど、産んだらすっきりするよ!という実母の言葉を信じていましたが、結論から言うとすぐには元に戻りませんでした。

それは入院中に産院で仲良くなった方が全員が同じことを言っていたのですが、会陰切開で切って縫ったお股が痛いのと、傷口が切れそうで怖くてふんばれないということ。

助産師さんには絶対に切れないから安心して出しなさい!と言われましたが、便をやわらかくするために入院中はマグミットを飲むことに。

退院後もなかなか便秘体質は改善されませんでしたが、2ヶ月ほどたつと妊娠前の体質に戻り、薬を飲むこともなくなりました。

それでは最後にまとめです。

・便秘は市販薬は×。必ず処方されたものを飲む事。

・水分をしっかり摂る事。

ケフィアヨーグルトオリゴ糖アサイーがおすすめ!

以上、妊娠中の便秘改善法・体験でした。

この記事が少しでもみなさまのお役に立てると幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。